サラリーマンの副収入を知ろう【大家で安定生活】

流動化する雇用の中で

1棟アパートへの投資を目指して不動産投資を始めよう

不動産投資をするサラリーマンが増えてきています。中古ワンルームマンションで不動産投資を始めて数年で1棟アパートの大家にまでなる例も少なからずあります。不動産投資は個人において唯一ローンを組んで行うことができる資産運用手段であるため、うまく投資を進めることができれば、短期間でサラリーマンが大家になることも可能なのです。大家を目指すのであれば、まずは不動産投資に関する情報収集から始めましょう。最近ではサラリーマン大家の書籍や不動産投資で脱サラした人の書籍、不動産会社の社長が書いているノウハウ本など様々なモノが出回っています。これらの本を数冊読んで、良いと感じたところを、自分の行動に落とし込んでいくという作業をしましょう。

雇用の流動化も不動産投資を後押ししています

現在、雇用は流動化してきています。終身雇用が崩れ、転職をするサラリーマンも少なくはありません。一生を面倒見てくれる企業が減ってきている中、自分の収入を自分で確保するという意識が強くなり、不動産投資が注目されてきているという面もあります。また、長いデフレーションの時代を終えて、ようやくインフレーションの時代がやってきました。インフレーションの時代においては価格そのものが変動する金融商品の方が好まれます。このインフレーションの影響もあり、不動産という資産が注目を集めています。雇用流動化とインフレーションの流れはこれからも続くことが予想されており、今後、不動産市況には投資資金がますます流れ込む可能性が高いと言えます。大家を目指すのであれば今が始め時です。